« 独逸・魅惑の世界 | トップページ | ドイツ連邦共和国・赤い閃光 »

2017年7月 6日 (木)

Deutschland・郷愁の日々 II

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。

哀愁のブンデスレプブリック

« 独逸・魅惑の世界 | トップページ | ドイツ連邦共和国・赤い閃光 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/71056899

この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・郷愁の日々 II:

« 独逸・魅惑の世界 | トップページ | ドイツ連邦共和国・赤い閃光 »

無料ブログはココログ