« ドイツとドイツ語・黄昏の旅路 | トップページ | ドイツ語・魅惑の世界 »

2017年7月 9日 (日)

ドイツ連邦共和国・遥かなる哀愁 II

ドイツの想い出と言えば語り尽くせないものがあります。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

ドイツで最も好きな都市の一つになるのは、やはりベルリンですね。ドイツの伝統的な一面も保ちながら多国籍的食文化も発展しています。ベルリンは世界の料理が集結しているグルメな都市です。ドイツ旅行の貴重な体験としては、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg)があります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツとドイツ語・黄昏の旅路 | トップページ | ドイツ語・魅惑の世界 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/71086241

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・遥かなる哀愁 II:

« ドイツとドイツ語・黄昏の旅路 | トップページ | ドイツ語・魅惑の世界 »