« ドイツ連邦共和国・遥かなる哀愁 II | トップページ | 独逸・日本人の利点 »

2017年7月11日 (火)

ドイツ語・魅惑の世界

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、特急列車の座席指定システムの合理性です。指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。それ以外の区間は自由席となります。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。

ドイツ語革新的攻略連合

« ドイツ連邦共和国・遥かなる哀愁 II | トップページ | 独逸・日本人の利点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/71105795

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・魅惑の世界:

« ドイツ連邦共和国・遥かなる哀愁 II | トップページ | 独逸・日本人の利点 »

無料ブログはココログ