« ドイツ連邦共和国・赤い閃光 | トップページ | ドイツ連邦共和国・遥かなる哀愁 II »

2017年7月 8日 (土)

ドイツとドイツ語・黄昏の旅路

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツの旅で忘れられないのが、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。



« ドイツ連邦共和国・赤い閃光 | トップページ | ドイツ連邦共和国・遥かなる哀愁 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/71078493

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・黄昏の旅路:

« ドイツ連邦共和国・赤い閃光 | トップページ | ドイツ連邦共和国・遥かなる哀愁 II »

無料ブログはココログ