« ドイツ文化とドイツ・紅い稲妻 | トップページ | ドイツ語・夢の旅路 II »

2018年5月 9日 (水)

BRDの極意

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、香川真司が2010ー2012年シーズンまで在籍していた、ボルシア・ドルトムント BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)BVBがあります。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ旅行記など

« ドイツ文化とドイツ・紅い稲妻 | トップページ | ドイツ語・夢の旅路 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73453379

この記事へのトラックバック一覧です: BRDの極意:

« ドイツ文化とドイツ・紅い稲妻 | トップページ | ドイツ語・夢の旅路 II »

無料ブログはココログ