« ドイツ連邦共和国・ポイントと注意点 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・大陸の疾風 »

2018年5月 6日 (日)

ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 II

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。ベルリンがやはり現在のドイツの首都として、また激動の20世紀ヨーロッパの象徴としてまず挙げられます。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言葉です。



« ドイツ連邦共和国・ポイントと注意点 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・大陸の疾風 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73432989

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 II:

« ドイツ連邦共和国・ポイントと注意点 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・大陸の疾風 »