« ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・紅い稲妻 »

2018年5月 6日 (日)

ドイツ語とドイツ文化・大陸の疾風

ドイツの想い出と言えば語り尽くせないものがあります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Mönchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言語です。

ドイツ語の革新的攻略法

« ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・紅い稲妻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73435555

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・大陸の疾風:

« ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・紅い稲妻 »

無料ブログはココログ