« ドイツ語とドイツ文化・伝統と革新 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 II »

2018年5月 5日 (土)

ドイツ連邦共和国・ポイントと注意点

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg)があります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言葉です。

ドイツ語ABC

« ドイツ語とドイツ文化・伝統と革新 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73425721

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・ポイントと注意点:

« ドイツ語とドイツ文化・伝統と革新 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 II »