« ドイツ語とドイツ文化・大陸の疾風 | トップページ | BRDの極意 »

2018年5月 8日 (火)

ドイツ文化とドイツ・紅い稲妻

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。

ドイツへの憧れ

« ドイツ語とドイツ文化・大陸の疾風 | トップページ | BRDの極意 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73442065

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・紅い稲妻:

« ドイツ語とドイツ文化・大陸の疾風 | トップページ | BRDの極意 »

無料ブログはココログ