« Deutschland・青春の光と影 | トップページ | ドイツ連邦共和国・趣味と実用 »

2018年6月25日 (月)

BRD・郷愁と回想

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。旧西ドイツの首都ボンは小さな町ですがベートーヴェンの生まれた町としても知られており、地方分権制ドイツの象徴でもあると思います。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像の一つは、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツの旅で忘れられないのが、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言語です。



« Deutschland・青春の光と影 | トップページ | ドイツ連邦共和国・趣味と実用 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73745283

この記事へのトラックバック一覧です: BRD・郷愁と回想:

« Deutschland・青春の光と影 | トップページ | ドイツ連邦共和国・趣味と実用 »