« ドイツ語・外なる同胞 | トップページ | BRD・遥かなる旅路 II »

2018年6月15日 (金)

ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 II

ドイツでは旅の想い出など、結構語り尽くせないものがあります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像の一つは、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言語です。

哀愁のブンデスレプブリック

« ドイツ語・外なる同胞 | トップページ | BRD・遥かなる旅路 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73685519

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 II:

« ドイツ語・外なる同胞 | トップページ | BRD・遥かなる旅路 II »

無料ブログはココログ