« ドイツとドイツ語・内なる異邦 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・遥かなる想い »

2018年6月 9日 (土)

ドイツ文化・郷愁の日々 II

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツで最も印象深い都市の一つになるのが、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも最もドイツ的な響きの作品を作り上げたことで評価が高く人気の作曲家です。オーケストラ作品は規模が大きく協奏曲なども交響曲的編成と規模で書き上げているスケールの大きな作品を残しています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。



« ドイツとドイツ語・内なる異邦 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・遥かなる想い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73649298

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・郷愁の日々 II:

« ドイツとドイツ語・内なる異邦 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・遥かなる想い »

無料ブログはココログ