« ドイツ文化・郷愁の日々 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・青春の光と影 »

2018年6月11日 (月)

ドイツ語とドイツ文化・遥かなる想い

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の想い出としては、南ドイツから北へ走る鉄道沿いにあるロマンティック街道に点在する中世からの城の数々です。その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。

ドイツ語マスター速習法

« ドイツ文化・郷愁の日々 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・青春の光と影 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73663504

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・遥かなる想い:

« ドイツ文化・郷愁の日々 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・青春の光と影 »

無料ブログはココログ