« ドイツ語・明日への旅路 | トップページ | ドイツ文化・旅路はるか »

2018年6月 4日 (月)

趣味のドイツ語

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。フランクフルトは国際ハブ空港としも巨大で有名です。またフランクフルト・ソーセージやアップルワインなどのグルメでもお馴染みですね。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツ語・明日への旅路 | トップページ | ドイツ文化・旅路はるか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73614848

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味のドイツ語:

« ドイツ語・明日への旅路 | トップページ | ドイツ文化・旅路はるか »

無料ブログはココログ