« 趣味のドイツ語 | トップページ | Deutschland・過去から未来へ »

2018年6月 4日 (月)

ドイツ文化・旅路はるか

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像の一つは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅で忘れられないのが、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。



« 趣味のドイツ語 | トップページ | Deutschland・過去から未来へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73618812

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・旅路はるか:

« 趣味のドイツ語 | トップページ | Deutschland・過去から未来へ »

無料ブログはココログ