« ドイツ連邦共和国・青春の光と影 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 II »

2018年6月12日 (火)

ドイツ語・外なる同胞

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。

ドイツ語とドイツ文化

« ドイツ連邦共和国・青春の光と影 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73666560

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・外なる同胞:

« ドイツ連邦共和国・青春の光と影 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 II »

無料ブログはココログ