« BRD・異国の哀愁 | トップページ | 独逸・異文化の欠片 »

2018年7月13日 (金)

ドイツ文化とドイツ・遙かなる隣国

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツで最も好きな都市の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。



« BRD・異国の哀愁 | トップページ | 独逸・異文化の欠片 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73848392

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・遙かなる隣国:

« BRD・異国の哀愁 | トップページ | 独逸・異文化の欠片 »

無料ブログはココログ