« ドイツ連邦共和国・哀愁の思い出 | トップページ | 独逸・質実剛健 »

2018年7月 5日 (木)

ドイツ文化・遥かなる哀愁

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きともいうべき作品を多く作り上げたことで評価が高い作曲家です。「ドイツ・レクイエム」と言う彼の作品があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き上げたことにブラームスのドイツ語への愛情を感じます。しかしこの作品、原題は Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語のレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。

ドイツ語の10倍速攻略法

« ドイツ連邦共和国・哀愁の思い出 | トップページ | 独逸・質実剛健 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73803649

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・遥かなる哀愁:

« ドイツ連邦共和国・哀愁の思い出 | トップページ | 独逸・質実剛健 »

無料ブログはココログ