« ドイツ文化・重要なポイント | トップページ | ドイツとドイツ語への道 »

2018年7月29日 (日)

楽しめる独逸

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車の中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも最もドイツ的な響きの作品を作り上げたことで評価が高く人気の作曲家です。オーケストラ作品は規模が大きく協奏曲なども交響曲的編成と規模で書き上げているスケールの大きな作品を残しています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg)があります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言語です。

ドイツ語から拡がる世界

« ドイツ文化・重要なポイント | トップページ | ドイツとドイツ語への道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73937834

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しめる独逸:

« ドイツ文化・重要なポイント | トップページ | ドイツとドイツ語への道 »