« 楽しめる独逸 | トップページ | ドイツの低い壁 »

2018年7月31日 (火)

ドイツとドイツ語への道

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV München von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。

ドイツ語への旅

« 楽しめる独逸 | トップページ | ドイツの低い壁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73950865

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語への道:

« 楽しめる独逸 | トップページ | ドイツの低い壁 »