« ドイツ連邦共和国・遠くて近い場所 II | トップページ | ドイツ文化・ポイントと注意点 »

2018年8月 8日 (水)

Deutschland・遥かなる哀愁 II

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。北ドイツのハンザ同盟都市でベルリンにつぐ現在のドイツ第2の都市といえばこの北海に近い港湾都市ハンブルクが挙げられます。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツ旅行の貴重な体験としては、特急列車の座席指定システムの合理性です。指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。それ以外の区間は自由席となります。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語を愛するブログ

« ドイツ連邦共和国・遠くて近い場所 II | トップページ | ドイツ文化・ポイントと注意点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73997088

この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・遥かなる哀愁 II:

« ドイツ連邦共和国・遠くて近い場所 II | トップページ | ドイツ文化・ポイントと注意点 »

無料ブログはココログ