« はじめようドイツ文化 | トップページ | Deutschland・遥かなる哀愁 II »

2018年8月 8日 (水)

ドイツ連邦共和国・遠くて近い場所 II

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。旧西ドイツの首都ボンは小さな町ですがベートーヴェンの生まれた町としても知られており、地方分権制ドイツの象徴でもあると思います。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。

ドイツを旅する

« はじめようドイツ文化 | トップページ | Deutschland・遥かなる哀愁 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73993803

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・遠くて近い場所 II:

« はじめようドイツ文化 | トップページ | Deutschland・遥かなる哀愁 II »

無料ブログはココログ