« ドイツ語とドイツ文化・過去から未来へ | トップページ | ドイツ・忘れじの土地 »

2018年8月31日 (金)

ドイツ文化・その魅力 II

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツの旅で忘れられないのが、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言語です。

ドイツ語革新的攻略連合

« ドイツ語とドイツ文化・過去から未来へ | トップページ | ドイツ・忘れじの土地 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74129602

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・その魅力 II:

« ドイツ語とドイツ文化・過去から未来へ | トップページ | ドイツ・忘れじの土地 »

無料ブログはココログ