« Deutschland・遥かなる哀愁 II | トップページ | Deutschland・遥かなる想い II »

2018年8月10日 (金)

ドイツ文化・ポイントと注意点

ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ブラームスはその中でも最もドイツ的な響きの作品を作り上げたことで評価が高く人気の作曲家です。オーケストラ作品は規模が大きく協奏曲なども交響曲的編成と規模で書き上げているスケールの大きな作品を残しています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的言語です。



« Deutschland・遥かなる哀愁 II | トップページ | Deutschland・遥かなる想い II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74009711

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・ポイントと注意点:

« Deutschland・遥かなる哀愁 II | トップページ | Deutschland・遥かなる想い II »