« ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 | トップページ | ドイツ連邦共和国・遠くて近い場所 II »

2018年8月 7日 (火)

はじめようドイツ文化

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツの都市で感慨深いところのひとつは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、特急列車の座席指定システムの合理性です。指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。それ以外の区間は自由席となります。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ狂のブログ

« ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 | トップページ | ドイツ連邦共和国・遠くて近い場所 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73988622

この記事へのトラックバック一覧です: はじめようドイツ文化:

« ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 | トップページ | ドイツ連邦共和国・遠くて近い場所 II »

無料ブログはココログ