« Deutschland・第一歩からの脱却 | トップページ | ドイツ文化・その魅力 II »

2018年8月30日 (木)

ドイツ語とドイツ文化・過去から未来へ

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

ドイツの旅行の記憶で時々フラッシュバックする光景の一つは、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ語速習マスター連合2015

« Deutschland・第一歩からの脱却 | トップページ | ドイツ文化・その魅力 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74123831

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・過去から未来へ:

« Deutschland・第一歩からの脱却 | トップページ | ドイツ文化・その魅力 II »