« ドイツ文化とドイツ・第一歩からの脱却 | トップページ | はじめようドイツ文化 »

2018年8月 5日 (日)

ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。



« ドイツ文化とドイツ・第一歩からの脱却 | トップページ | はじめようドイツ文化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/73975721

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影:

« ドイツ文化とドイツ・第一歩からの脱却 | トップページ | はじめようドイツ文化 »