« ドイツ語・奥深い森 | トップページ | BRD・遥かなる思い出 »

2018年9月12日 (水)

BRD・外なる同胞

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツの旅で忘れられないのが、南ドイツから北へ走る鉄道沿いにあるロマンティック街道に点在する中世からの城の数々です。その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言葉です。

ドイツを旅して

« ドイツ語・奥深い森 | トップページ | BRD・遥かなる思い出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74193081

この記事へのトラックバック一覧です: BRD・外なる同胞:

« ドイツ語・奥深い森 | トップページ | BRD・遥かなる思い出 »

無料ブログはココログ