« ドイツ・黒い猫 | トップページ | BRD・外なる同胞 »

2018年9月11日 (火)

ドイツ語・奥深い森

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言語です。



« ドイツ・黒い猫 | トップページ | BRD・外なる同胞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74187235

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・奥深い森:

« ドイツ・黒い猫 | トップページ | BRD・外なる同胞 »

無料ブログはココログ