« ドイツ文化・その魅力 II | トップページ | ドイツ・遥かなる旅路 II »

2018年9月 1日 (土)

ドイツ・忘れじの土地

ドイツの想い出と言えば語り尽くせないものがあります。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。フランクフルトは国際ハブ空港としも巨大で有名です。またフランクフルト・ソーセージやアップルワインなどのグルメでもお馴染みですね。

ドイツで最も好きな都市の一つになるのは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg)があります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言葉です。



« ドイツ文化・その魅力 II | トップページ | ドイツ・遥かなる旅路 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74131735

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・忘れじの土地:

« ドイツ文化・その魅力 II | トップページ | ドイツ・遥かなる旅路 II »