« 簡単なドイツ語とドイツ文化 | トップページ | ドイツ語・実存と重厚さ »

2018年10月 5日 (金)

Deutschland・黄昏の旅路

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。ベルリンがやはり現在のドイツの首都として、また激動の20世紀ヨーロッパの象徴としてまず挙げられます。

ドイツで最も印象深い都市の一つになるのが、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、香川真司が2010ー2012年シーズンまで在籍していた、ボルシア・ドルトムント BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)BVBがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。



« 簡単なドイツ語とドイツ文化 | トップページ | ドイツ語・実存と重厚さ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74329989

この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・黄昏の旅路:

« 簡単なドイツ語とドイツ文化 | トップページ | ドイツ語・実存と重厚さ »

無料ブログはココログ