« ドイツ語のきっかけ | トップページ | ドイツ連邦共和国・限界突破で加速 »

2018年10月29日 (月)

ドイツ語とドイツ文化・その魅力 II

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像の一つは、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。ドイツの旅で忘れられないのが、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、香川真司が2010ー2012年シーズンまで在籍していた、ボルシア・ドルトムント BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)BVBがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。

ドイツ語を革新的に学ぶ会2015

« ドイツ語のきっかけ | トップページ | ドイツ連邦共和国・限界突破で加速 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74491207

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・その魅力 II:

« ドイツ語のきっかけ | トップページ | ドイツ連邦共和国・限界突破で加速 »