« ドイツ語とドイツ文化・その魅力 II | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・青春の旅路 »

2018年10月29日 (月)

ドイツ連邦共和国・限界突破で加速

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。フランクフルトは国際ハブ空港としも巨大で有名です。またフランクフルト・ソーセージやアップルワインなどのグルメでもお馴染みですね。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。

ドイツの旅路

« ドイツ語とドイツ文化・その魅力 II | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・青春の旅路 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74491567

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・限界突破で加速:

« ドイツ語とドイツ文化・その魅力 II | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・青春の旅路 »