« Deutschland・黄昏の旅路 | トップページ | 独逸・わが青春 »

2018年10月 5日 (金)

ドイツ語・実存と重厚さ

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。ベルリンがやはり現在のドイツの首都として、また激動の20世紀ヨーロッパの象徴としてまず挙げられます。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。



« Deutschland・黄昏の旅路 | トップページ | 独逸・わが青春 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74331166

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・実存と重厚さ:

« Deutschland・黄昏の旅路 | トップページ | 独逸・わが青春 »

無料ブログはココログ