« ドイツ文化とドイツ・明日への旅立ち | トップページ | ドイツ文化・教会の尖塔 »

2018年10月12日 (金)

ドイツ文化とドイツ・魅惑の国

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、やはりベルリンですね。ドイツの伝統的な一面も保ちながら多国籍的食文化も発展しています。ベルリンは世界の料理が集結しているグルメな都市です。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。



« ドイツ文化とドイツ・明日への旅立ち | トップページ | ドイツ文化・教会の尖塔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74379005

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・魅惑の国:

« ドイツ文化とドイツ・明日への旅立ち | トップページ | ドイツ文化・教会の尖塔 »

無料ブログはココログ