« ドイツ連邦共和国・限界突破で加速 | トップページ | ドイツ・契機と発展 »

2018年10月29日 (月)

ドイツ語とドイツ文化・青春の旅路

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語速習マスター連合2015

« ドイツ連邦共和国・限界突破で加速 | トップページ | ドイツ・契機と発展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74494114

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・青春の旅路:

« ドイツ連邦共和国・限界突破で加速 | トップページ | ドイツ・契機と発展 »