« ドイツ文化とドイツ・郷愁と回想 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・過去から未来へ »

2018年10月 1日 (月)

ドイツ・忘れじの土地

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。フランクフルトは国際ハブ空港としも巨大で有名です。またフランクフルト・ソーセージやアップルワインなどのグルメでもお馴染みですね。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。



« ドイツ文化とドイツ・郷愁と回想 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・過去から未来へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74303530

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・忘れじの土地:

« ドイツ文化とドイツ・郷愁と回想 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・過去から未来へ »

無料ブログはココログ