« ドイツ文化・桜に似た花 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・大聖堂の雀 »

2018年11月 8日 (木)

ドイツとドイツ語・奥深い森 II

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。旧西ドイツの首都ボンは小さな町ですがベートーヴェンの生まれた町としても知られており、地方分権制ドイツの象徴でもあると思います。

ドイツで最も好きな都市の一つになるのは、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。ドイツの旅で忘れられないのが、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車の中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツ文化・桜に似た花 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・大聖堂の雀 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74556557

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・奥深い森 II:

« ドイツ文化・桜に似た花 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・大聖堂の雀 »