« ドイツとドイツ語・奥深い森 II | トップページ | 独逸・哀愁の思い出 II »

2018年11月 9日 (金)

ドイツ語とドイツ文化・大聖堂の雀

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツの旅で忘れられないのが、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ語の10倍速攻略法

« ドイツとドイツ語・奥深い森 II | トップページ | 独逸・哀愁の思い出 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74565784

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・大聖堂の雀:

« ドイツとドイツ語・奥深い森 II | トップページ | 独逸・哀愁の思い出 II »