« ドイツ・心の郷愁 II | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 »

2018年11月28日 (水)

ドイツ文化・紫の小花

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。ベルリンがやはり現在のドイツの首都として、また激動の20世紀ヨーロッパの象徴としてまず挙げられます。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも最もドイツ的な響きの作品を作り上げたことで評価が高く人気の作曲家です。オーケストラ作品は規模が大きく協奏曲なども交響曲的編成と規模で書き上げているスケールの大きな作品を残しています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツ・心の郷愁 II | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74680524

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・紫の小花:

« ドイツ・心の郷愁 II | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 »

無料ブログはココログ