« ドイツ語とドイツ文化・感性と感覚 | トップページ | Deutschland・遥かなる思い出 II »

2018年11月17日 (土)

ドイツ語とドイツ文化・分裂と統一

ドイツでは旅の想い出など、結構語り尽くせないものがあります。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツで最も好きな都市の一つは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。

ドイツ語が上達する方法

« ドイツ語とドイツ文化・感性と感覚 | トップページ | Deutschland・遥かなる思い出 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74614793

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・分裂と統一:

« ドイツ語とドイツ文化・感性と感覚 | トップページ | Deutschland・遥かなる思い出 II »

無料ブログはココログ