« ドイツ・契機と発展 | トップページ | BRD・苦楽と歓喜 »

2018年11月 4日 (日)

はじめようドイツ連邦共和国

ドイツの想い出と言えば語り尽くせないものがあります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツの旅行の記憶で時々フラッシュバックする光景の一つは、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅で忘れられないのが、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ熱狂時代

« ドイツ・契機と発展 | トップページ | BRD・苦楽と歓喜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74530268

この記事へのトラックバック一覧です: はじめようドイツ連邦共和国:

« ドイツ・契機と発展 | トップページ | BRD・苦楽と歓喜 »