« ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 | トップページ | ドイツ文化・忘れじの土地 II »

2018年12月 5日 (水)

ドイツ・浪漫的日常

ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツ旅行の貴重な体験としては、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 | トップページ | ドイツ文化・忘れじの土地 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74716899

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・浪漫的日常:

« ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影 | トップページ | ドイツ文化・忘れじの土地 II »

無料ブログはココログ