« はじめようドイツ文化とドイツ | トップページ | ドイツ連邦共和国・教会の尖塔 »

2018年12月 9日 (日)

ドイツ連邦共和国・苦難と復興

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。



« はじめようドイツ文化とドイツ | トップページ | ドイツ連邦共和国・教会の尖塔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74738626

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・苦難と復興:

« はじめようドイツ文化とドイツ | トップページ | ドイツ連邦共和国・教会の尖塔 »

無料ブログはココログ