« ドイツ文化・紫の小花 | トップページ | ドイツ・浪漫的日常 »

2018年12月 5日 (水)

ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。



« ドイツ文化・紫の小花 | トップページ | ドイツ・浪漫的日常 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74715406

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・青春の光と影:

« ドイツ文化・紫の小花 | トップページ | ドイツ・浪漫的日常 »

無料ブログはココログ