« ドイツ文化・忘れじの土地 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・苦難と復興 »

2018年12月 7日 (金)

はじめようドイツ文化とドイツ

ドイツの想い出と言えば語り尽くせないものがあります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

ドイツでもわりと思い出深い都市のひとつは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツの旅で忘れられないのが、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車の中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言語です。



« ドイツ文化・忘れじの土地 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・苦難と復興 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111391/74727299

この記事へのトラックバック一覧です: はじめようドイツ文化とドイツ:

« ドイツ文化・忘れじの土地 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・苦難と復興 »

無料ブログはココログ