« ドイツ・忘れじの土地 | トップページ | ドイツ・ポイントと注意点 »

2019年2月26日 (火)

ドイツ語への情熱

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅で忘れられないのが、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Monchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ語を愛するブログ

« ドイツ・忘れじの土地 | トップページ | ドイツ・ポイントと注意点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語への情熱:

« ドイツ・忘れじの土地 | トップページ | ドイツ・ポイントと注意点 »