« 面白いドイツ文化とドイツ | トップページ

2019年3月18日 (月)

ドイツ語・哀愁の思い出

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。ベルリンがやはり現在のドイツの首都として、また激動の20世紀ヨーロッパの象徴としてまず挙げられます。

ドイツの旅行の記憶で時々フラッシュバックする光景の一つは、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg)があります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。



« 面白いドイツ文化とドイツ | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・哀愁の思い出:

« 面白いドイツ文化とドイツ | トップページ